スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問題発生。 


という間に、帰国までひと月を切りました。
もう10月も下旬ですものね。
パリは日に日に寒くなっています。

日本に帰るのはまだ先ですが、この部屋を出るのは今月末。
次にこの部屋に入っていただける方も決まり(大家さんに頼まれ、住人が次のひとを探すのです)、EDF(電力会社)に解約のお願いもしました。
只今、荷造りに追われております…。

そんなときにトイレの問題が浮上。
以前から調子が良いとは言えないトイレ。
ここ最近は極力使用を控えていました(共同のトイレがあるのです)。
3週間程前に、アパートの配管工と管理人さんが、下(ガレージ)に水漏れしてるからと、水廻りのチェックにきました。
「大きな問題があるよ。」と…。
知ってます。それは知ってるんです。
次の住人さんの為にも、大家さんに報告。
それが昨日まで返答なしかと思うと、急に修理工を名乗る人物から携帯に電話が。
「マダム○○に頼まれたのだけど、いつ行ったらいい?」って。え?マダム○○って誰?
展開がおかしい…。
「大家さんに聞いてください。彼女の許可なしにはお願い出来ないです。」
と大家さんと直接コンタクトをとってもらうことにしました。
そしたら大家さん。
「金曜日の14時くらいにアポイントとったから~」って。
いや、あたしバイトでいないんですけど…。

というわけで、鍵を管理人さんに預けて出かけることになりそうです。
荷造り中で部屋が散らかっているのに…。困ります。
とにかくパソコンや貴重品は持って出ないと。
なんでこの時期なのでしょう。ムー。

フランスの水廻り事情・修理事情は大変なものです。
どうなることやら。
 
歓送迎会 
みたいじゃないか、まるで。

入室時にはコンロ。退室時には水道。

暮らぁし安心、クラ~シアン♪を是非フランスに!
ai 
そうね。そうとりましょうか…
ありがとうフランス。ありがとうパリの暮らし…

森末さーーん!
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。