スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Musee d'archeologie nationale. 国立考古学博物館。 
CIMG0382.jpg
パリ近郊、RER:A1線終点のSt.Germain en Laye(サンジェルマン・アン・レー)
の駅を出ると、目の前にすぐお城が見えます。
12世紀から建設のはじまったこのお城は今、考古学博物館となっています。

この博物館も、この6月30日はでは無料で入場できるのです。
行こう行こうと思いつつ、まだまだ時間はあると思っていたらあと2日!
たまたま今日は、この2つ手前の駅近くでのブロカントに行く予定にしていたのと、友人からの「行ってきた」メールに後押しされて、足をのばしてきました。

発掘現場からそのまま持ってきました。というような展示(人骨)があったり。
石器からアクセサリーまでいろんな遺物がありました。
考古学には詳しくない上に、フランス語の説明がちんぷんかんぷんでしたが、自分の心惹かれるガラスの展示品は食い入るように眺めてきました。
あんなに薄くてもろいものが、何千年とよく残っていたものですね。


Musee d'archeologie nationale(国立考古学博物館)
Château - Place Charles de Gaulle
78105 Saint-Germain-en-Laye cedex
TEL : 01 39 10 13 00
http://www.musee-antiquitesnationales.fr/index_u1l2.htm

 
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。