スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリ→プラハ→ベルリン→パリ。 
3泊5日。

<パリ→プラハ>
9:20発のHarnAir。
「海外旅行」になるので2時間前の7:20には空港に行かないと!
と、この日は4:30起床。
バスを乗り継いでオルリー空港へ。
チェックイン時に「液体入ってないですか?」と聞かれ
「あぁ、そうだ飛行機乗るんだった。」と…
ちょっと緊張。
なぜか出発時刻が9:15になっている。
約2時間で到着。近い~。

空港から市内への行き方がわからず…。
チェコ語が読めないし、英語もわからないし。
人に聞こうにもみんな観光客でウロウロしてるし。
「これか?」と思って119番のバスへ乗り込む。
CIMG8807.jpg

地下鉄の駅「Dejvicka(読み方がわからない…)」に着いたのでひと安心。

切符の購入。
なんだかややこしい。
●1回券(乗り換え不可) 18Kc(チェコクローナ)
 バス・トラム→改札時刻から20分有効。乗り換え不可
 地下鉄→3路線での乗り換え可能(3路線しかない)。乗車駅を含まず5駅先まで。
     改札時刻から30分有効。
 ケーブルカー・夜間路線→使用不可。
●1回券(乗り換え可)  26Kc
 すべての公共交通で乗り換え可能。改札時刻から1時間15分有効。
 ただし平日22:00~翌5:00、土日祝は改札時刻から1時間30分有効。
●1日券、3日券、7日券もある。
CIMG9274.jpg


<プラハ→ベルリン>
プラハに1泊して、翌日のお昼間にベルリンへ。
ドイツ鉄道(DB)に乗ります。
予約の必要はないということで、列車の時刻だけ調べて駅で切符を購入。
CIMG9275.jpg
フランスとは違い、ホームでチケットの打刻をしないので、ちょっとドキドキ…
車内で検札がありますが、パスポートの提示を求められませんでした。(大丈夫なの??)
2等車は自由席。でも前売りで買っている人は指定になるので、座っている座席を予約している人がくる度、移動しなければなりません。
EC172の車窓から見る景色、夕暮れと重なってなんだか切ない感じで良いです。
CIMG9015.jpg


<ベルリン>
国際線の乗り入れがある『Hauptbahnhof(ハウプトバーンホフ)』駅からホテルまでは、電車で移動。
主に高架を走るSバーンと、地下を走るUバーンがあります。
チケットは共通。相互に乗り換えも可能。
券売機はホームにあることが多かったです(探しまわった…)。
CIMG9051.jpg
●短距離券  1.20ユーロ
●AB券(ABゾーン内で2時間まで有効)  2.10ユーロ
●AB1日券(ABゾーン内で1日有効)  5.80ユーロ    など。
ホームにある刻印機で自分で日付をいれる。刻印がないと罰金。

ベルリンには2泊。
ほかの移動手段にバス・トラムもありますが、ややこしそうだったので乗らずじまい。
CIMG9039.jpg
ホテルの真横にも通っていて、便利そうでしたが…。


<ベルリン→パリ>
帰りはCNL(City Night Line)という夜行列車です。
12時間!しかも、予算の関係で寝台車ではなく普通の座席です。
ひとつのコンパートメントに6人。満席でした。
CIMG9188.jpg
狭すぎて写りません…
ドイツ・Hannover(ハノーファー)、ベルギー・Bruxelles(ブリュッセル)を通ってパリに着いたのは翌朝9時過ぎ。
思ったほどしんどくなかったです。


さてさて。
旅程はこんな感じでした。思ったこと。
●英語は必須だなぁ
●なんでも自分で確認!(出発5分前にホームが変わるとか、普通に起こるらしいので)
●みんな親切
●パリは異様に物価が高い
●やっぱり旅はいいものだ

旅の手帖、またちょこちょこ書きます。


 
切符 
ややこし過ぎーーーー!
私ならきっと、間違えてしまう笑。
ai 
わたしだって間違えた…
なにごとも経験。
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。