スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
le chocolatier. チョコレートやさん。 
CIMG7824.jpg
みなさまもうすぐバレンタインデーでございます。
行事にあまり関心のないわたくしですが、なんせパリにはpatisserie(ケーキやさん)やchocolatierが多い!
ので、一件お気に入りをご紹介。

A LA MERE DE FAMILLEは1761年創業、パリとその近郊に7店舗を持つショコラティエ。
写真はパリ9区にある本店の外観です。

CIMG7817.jpg
チョコレート売り場。
箱入りのチョコ、ラップにくるんだいかにも手づくり!な板チョコ、デコラティヴな高級チョコ… あぁおいしそう…

CIMG7815.jpg
年季の入った棚。ドライフルーツの量り売り。
figue(いちぢく)を購入。
うしろの棚にはジャムやワイン、駄菓子なども。

CIMG7813.jpg
レジも古い!チョコを食べさせてくれた。

250年くらい経ってるってことですよ。一見の価値あり。
「すごく素敵なお店ですね~」と言ってから、写真を撮らせていただきました。
A LA MERE DE FAMILLE
35,rue du Faubourg Montmartre 75009 Paris
TEL : 33 (0)1 47 70 83 69
http://www.lameredefamille.com
 
かわいい 
年季の入ったお店でも、とっても可愛らしいですねぇ。
甘いにおいがたちこめてるんだろうなぁ。
そちらでもバレンタインデー行事は大流行?
まひろちゃん 
パリはどうだろう?
でもCMやってたよ「バレンタインデー」って。
でも行事関係なしにチョコラティエは繁盛してます。
古い建物はガラスも古いから見とれるよ~。
食べたい!! 
パリでチョコ食べたい~♪
あっ、ダイエット出来なくなるね(爆)

自分チョコを買いに行かなくてはっv-355
さくらさん 
こちらはおいしいものが多くて大変です。
自分チョコは買えた~?
secret

trackback url
http://recitparis.blog96.fc2.com/tb.php/153-e4e5d4ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。