スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅。 
CIMG0611.jpg
明日早朝から旅にでます。
こんがらがった頭をしゃきっとさせてきます。

どこに行くか。
写真がヒントです。
帰ったら旅日記書きます。
スポンサーサイト
普段のわたし 

意図していないのに、こんな写真が撮れた。
裸眼だといつも、こんな感じ。
Les galopins. 
CIMG0809.jpg
galopin【ガロパン】:わんぱく小僧

と言う名前のビストロに行ってきました。
エシャンジュ(お互いの言語を教え合ってる)しているLくんと、パートナーのSちゃんと。

写真手前:ポークの煮込み。蜂蜜がはいっているので甘い。
写真奥 :アニョー(子羊)のロースト。すんごいボリューム。

おいしい食事とおいしいワイン。笑顔があればOKです。

Les galopins
24 rue des Taillandiers 75011 Paris
TEL : 01 47 00 45 35
たべすぎのみすぎ 
この週末。
今日からバカンス!の結果これ↓

CIMG0800.jpg
土曜日でバカンス前の営業が終わったアルバイト先のお寿司屋さん。
営業終了後には、あまった食材をオーナーが調理してくれて飲む・食べる。
日曜日は朝からお掃除。
そのあとは韓国料理。

CIMG0796.jpg
石焼ビビンバ。
うまーーー。

CIMG0801.jpg
その夜。
某パティスリーでパティシエをしているK嬢宅。
まずはサラダ。
キュウリとエビ。ごま油とか身近にある調味料だけで、なぜにこんなにおいしいの?

CIMG0802.jpg
はい、メインの餃子!
中国出身の彼女。おかあさんのレシピ。
餃子って、みんなでわいわい作るのが楽しいね。


ごちそうさまでした。
明日もごちそうです。
胃がおかしい。
chocolat. 
CIMG0714.jpg
チョコレートをいただきました。
ベルギー王室御用達の1919年創業のMaryのもの。

ちょっとずつ食べてます。
おいしすぎます。
道ばたに。 
CIMG0744.jpg
これなんでしょう?
ブルーベリー?
食べれるのかしら?

動植物の知識がなさすぎます。。
他もですが。。
考える人。 
CIMG0563.jpg
空は晴れているのです。
上を向いて考えたっていいと思う。
si jamais je peux... 
CIMG0792.jpg
友人宅からの眺め。
ここの公園、いつもは子どもがたくさん。
今はバカンス中でほとんどいません。

CIMG0795.jpg
奥に見えるのは、ギマールの建築。
rue Agarの建物。
いつかお宅拝見してみたい。

近ごろパリはいい天気です。
青のエッフェル塔。 
今、エフェッル塔のライトアップが青いのです。
そして☆が12個ついています。これも光る。
前にもちらりブログに出てきましたが、フランスがConseil de l'Union europeenne(欧州連合理事会)の議長国になるとのことで、記念らしいです。

CIMG0776.jpg
毎時00分から10分間だけぴかぴかと光ります。
夏は日が暮れるのが10時ごろなので、暗闇に浮かぶのは限られた回数。

CIMG0791.jpg
やっぱりおとなしいほうが良い。
わたし的にはいつものオレンジが好きなので、早く戻らないかなと。

※先日の革命記念日だけは、オレンジに戻っていて、花火をあげる間はライトアップも消していました。
今日のブロカント。 
CIMG0732.jpg
パリから電車で1時間弱。
町の入り口は花で飾られていました。
大きな公園にはランニングをする人びと。
広い一軒家から出てくるおじさんは自転車でサイクリング。

パリとの違いは。
みんなにっこり笑いかけて「Bonjour.」と言ってくれるところ。
挨拶は大事です。


麦畑。
のどか。

前日の夜に作ったたまごサンドをほおばりながらの帰り道。
駅まで50分の道のりも、ピクニック気分でした。
とある日の晩ごはん。 
CIMG0722.jpg
ひらめのあたま。
バイト先でもらってきたので、塩・ねぎ・しょうがをかけてレンジでチーン。

あー いかん。お酒が進みます。
花火 
CIMG0695.jpg
革命記念日の花火。
近所の友達と、ほてほて歩いてグルネル橋まで。
フランス、派手な花火が多い。
でもみんな、日本に多いはかない散り方をする花火(なんていうのか知らん)に、ため息がこぼれておりました。

CIMG0682.jpg
橋の上はくるま・くるま・人・人!


この日はいつものオレンジ色に戻っていたエッフェル塔(8月末まで青いのです)。
花火のあがっている間、消灯していました。
彼女も静かに鑑賞していたのですね。
ここ最近。 

ぜんぜん書いていませんねぇ…
反省。
ちょっと心配していただいたり。
すみません。ありがとう。
ちゃんと生きてますので。なんて、大げさ。

〔パリ行き〕
le jardin de Musee RODIN. 

ロダン美術館の庭園にて。
スケッチをしている女学生たち。
コリッシモ。 
フランスの国際郵便事情はよろしくない。

みなさま口を揃えて言うこと。
配達人が面倒くさいからと、部屋まで持ってきていないのに不在通知を入れただけとか。
不在通知すら入ってないとか。
荷物が開けられて中身を抜かれていただとか。
でも幸い。
わたしは一度もそんな経験がありません。

先日、郵便局の「コリッシモ」という、箱を買ったら送料込み。という便利なシステムを使って日本に荷物を送ったのです。
サイズがいくつかあり、いちばん大きなXLの箱で7kgまで。
保険も付いているし、荷物の追跡だってできます。
航空便だから1週間くらいで届くのです。

。。。
2週間たっても届かない。おかしい。
追跡してみたら「受取人の国の税関をパスしました」という表示。
日付は1週間前。
そこではたと思い当たったのです。
相手の国に入ったら、この追跡はどこでやればいいのかと。
あぁ!Mon Dieu!
日本なんだから日本の郵便局に決まってるじゃない!

慌ててHPを探して追跡してみると。
発送してから1週間でちゃんと到着しているではないですか。
しかも3日連続で配達してくれています。
じゃあなんで不在通知が入っていないの?日本なのに、フランスと同じようなことあるの?
部屋番号間違えたの?
と、宛名書きの控えをよくよく見てみたら。

受取人の名前を書き忘れておりました。

ありえません。
たしかに急いで発送した荷物ではありましたが。
住所はしっかり日本語とローマ字の両方で書いているのに。
どんくさいことこの上ない。
そりゃ配達の人も、不在通知入れられないです。

荷物は無事に再配達されました。
保管期間は15日間だそうです。

こんなことはないかと思いますが、みなさまお気をつけくださいまし。

Coliposte(フランスでの追跡)
http://www.coliposte.net/gp/services/accueil_gp.jsp

日本郵便(日本での追跡)
http://www.post.japanpost.jp/int/index.html
『ガラスの森』 
7月7日より、ハイアット・リージェンシー・オーサカ内にあるギャラリー・アット・ザ・ハイアットにて、KEIKO先生の個展『ガラスの森』が開催されています。

ホテルのロビーにガラスの森がひろがっているようです。
写真でしか見れないのが本当に残念。
お近くのかたは是非、その目で楽しんでいただきたいです。

アートステンドグラスVIVRA VIVRE
http://www.geocities.jp/vivravivre_web/

gallery at the HYATT
http://www.gathp.com/
運河沿い。 

7月に入り、ぐんとブロカントの数が減りました。
夏のバカンス時期はパリ市内ではほとんど開催されない模様…

写真は今日のCanal St-Martin(サンマルタン運河)沿い。
あちこちで見かけるブロカントですが、「この場所では年に1回、この時期だけ!」なんていうのも多いです。
ここもその年に1回。
天気もよく、出店している方たちも楽しそう。

運河沿いにずらり300近いお店の数。
じっくり見ているとすぐに時間は過ぎてゆくのでした。
groseille. スグリ。 
CIMG0355.jpg
只今12;45。
今日のパリは30℃を超すようです。快晴。
でも部屋にカンヅメです。

そんなときにはビタミンでも取りましょう。
グロゼイユとはスグリのこと。
ジャムやシロップになっていることが多いです。
これの黒いのが黒スグリ=カシスですね。

ちいさい頃、家の庭に梅桃(ゆすらうめ)の木がありました。
6月頃に成る実をよくつまんでいて。
マルシェで見かけて、見た目に似ているグロゼイユを買ってみたのです。

すっぱい。
ビタミンビタミン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。