スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Les Musees de Lyon.  リヨンの美術館。 
リヨンにもたくさん美術館があります。
日程上、たくさん廻れなかったのですが、いくつか。

CIMG7695.jpg
Musee des Beaux-Arts du Lyon(リヨン美術館)
20,place des Terreaux 69001 Lyon
TEL : 33 (0)4 72 10 17 40
de 10h00 a 18h00(vendredi de 10h30 a 18h00)
fermee ; mardi/dimanche
http://www.mba-lyon.fr/mba/
70もの展示室があるおおきな美術館。
写真はギマール作の家具。

CIMG7749.jpg
Musee Internationnal de la Miniature(ミニチュア博物館)
60,rue Saint Jean 69005 Lyon
TEL : 33 (0)4 72 00 24 77
de 10h00 a 18h30
fermee : lundi
http://www.mimlyon.com/
この旅一番の目的地。
ため息がでるほど細かい世界です。
写真ももちろんミニチュア。

切り絵作家、蒼山日菜さんのHP
http://hinaaoyama.free.fr/

CIMG7774.jpg
Le Petit Musee Fantastique de Guignol
6,rue Saint Jean 69005 Lyon
TEL : 33 (0)4 78 37 01 67
du mardi au samedi de11h00 a 19h00
le dimanche sur reservation de 11h00 a 13h00/de 15h00 a 18h00
le lundi de 15h00 a 18h00
リヨンにはギニョル(指人形)の美術館がたくさん。
この日はお休みのところが多く、この小さな博物館にしか行けなかったのですが。
曜日によってはpard de la tete d'or(テットドール広場)で実際にギニョルの公演を見ることができるそうです。

CIMG7793.jpg
Musee Lumiere(リュミエール美術館)
25, rue du Premier-Film 69008 Lyon
TEL : 33 (0)4 78 78 18 95
du mardi au dimanche de 11h00 a 18h30
http://www.institut-lumiere.org/
「映画の父」リュミエール兄弟が住んでいた邸宅が映画博物館になっています。
映画の歴史はもちろん、実際に当時の映像が見れます。
時間があまりなく、じっくり見れませんでしたが、行って正解。
邸宅に入っているステンドグラスもすごく◎。
写真はガラス張りのサロン。
今度リヨンに行くことがあれば、ここをメインに行くかも。
※住所が「はじめてのフィルム通り」なんです!!※

他にもいろいろ、ほんとにたくさん美術館があります。
スポンサーサイト
LYON. リヨン。 


パリからTGV(日本の新幹線みたいなの)に乗って約2時間。
フランス第2の都市、LYON(リヨン)に行ってきました。
リヨンはRhone-Alpes(ローヌ・アルプ)地方の中心の街です。

今回の目的は、2月3日までミニチュア博物館に展示されている蒼山日菜さんの作品を見に行くこと。
12月の展示会で知り合ったお友達と3人、楽しく過ごしてきました。

リヨンにはVieux Lyonという旧市街があり、世界遺産に登録されています。
古い建物好きなのでものすごくうれしいです。
それにリヨンはグルメの街でもあるのです!
mimosa. ミモザ。  
CIMG7624.jpg

いい香り。
l'affiche. ポスター。 
CIMG7531.jpg

「かわいい広告!」と思ったら、終了していました…。
子供向けのミュージカル『エデンの園の数え歌』。
le voyage. 旅。 
パリに来たら、いろんなところに旅行したい。

そう考えていました。
只今、旅行計画中。
楽しみ。

とりあえず、来週はLYON(リヨン)に行ってきます~♪
le volet en bois. 木の雨戸。 
CIMG7501.jpg

うちも昔は大きな木の雨戸だったな。
a la quatrieme fois. 4回目で。 
CIMG7503.jpg

旅行のたびに毎回訪れるこのお店。
なんといつも閉まっているのでした。
初めてはいれたよ…。

教会が運営していて、店員さんは修道女です。
食品からキャンドルからいろいろ並んでいます。
ガイドブックによく載ってます。

Monastica(モナスティカ)
11, rue du Pont Louis-Phillippe 75004 PARIS
Mardi au Vendredi : 10h00-12h00,13h00-19h00、
Samedi : 10h00-12h00,13h15-18h00
TEL : (33) 01 48 87 85 13
Metro : 'St Paul' ou 'Chemin vert'.
la pate de guimauve. マシュマロ。 
CIMG7505.jpg

通りがかったパティスリーのショウウィンドウ。
あまりにもおいしそうだったのでご購入。

「シャンパン味」がいちばん!

↑↑間違った!「ウイスキー味」!
l'omelette. オムレツ。 
CIMG7487.jpg

Aちゃんと、ノートルダムの見えるcafeでランチ。
おいしいのだけど塩辛い…
こちらの料理は味が濃くて(塩辛くて)、夕方のむくみが半端じゃないです。
ブーツがつらいんです。マッサージがかかせないんです…。

CAFE PANIS
21,Quai Montebello 75005 PARIS
TEL:01.43.54.19.71
eurolines. ユーロライン。 
ロンドン行きのバス乗り場まで、Aちゃんを見送ってきました。

そう、今回彼女は鉄道の「ユーロスター」ではなく、ロンドンからバスで、しかも途中のドーバー海峡はなんと船に乗り換えてやってきたのでした。
ヨーロッパはバスでいろんな国に行くことができます。
見送ったバス乗り場で、時刻表をもらってきました。
ちょっと旅に出たい気分です。

ヨーロッパ国際バスライン『eurolines』
http://www.eurolines.com/index.php?id=113&L=0
パリの発着場所は2つあるらしいのです。今回はここ。
Metro 3番線の東の終点、GALLIENI駅直結。バスの案内表示があるのですぐわかります。
fete le nouvel an. 新年会。 
CIMG7519.jpg

只今。
ロンドンからAちゃんが来ています。
今日は蚤の市に行って、パリ中を歩き回り、お家でワインとチーズ。
2008年オトナ新年会 in Paris.です。
今年の目標は…
diner. 晩ごはん。 
おととしの旅行のときから気になっていた一件のレストラン。
Republique(レピュブリック)駅前にあって、豪奢ではなく素朴な感じ。

今日は中崎町にある雑貨店「JAMPOT」のオーナーご夫妻とゴハンでした。
人柄がそのままお店の雰囲気にでているような。そんな空間のステキなお店です。
楽しいお話できました!帰国までにまたお会い出来たらなぁ~。

このレストランも同じ。
フランスにはめずらしく、おねぇさんの愛想がバツグンによかったです。
…写真忘れました。

JAMPOT
〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-31
TEL/FAX:06-6374-2506
OPEN:12:00-20:00
CLOSE火曜日
http://jampot.sunnyday.jp/

AU BON CAFE

2,Bd St-Martin 75010 PARIS FRANCE
TEL:01.42.02.14.57
c'etait le verre!? ガラスだったの!? 
CIMG7301.jpg

メトロ1・7番線が停まる、
Palais-Royal Musee du Louvre(パレ・ロワイヤル ミュゼ・ドュ・ルーブル)駅の出口のひとつ。
えらくきらびやかな出口なのですが、近寄ってみると…
ガラス製でした。
ちゃちいプラスチックだと思っていた…。
je fais la conversation avec quelqu'un. だれかと会話するということ。 
ここ数日。
誰かと晩ごはんを食べる日々が続いています。

やはり。
人と話をするというのは、わたしにとってとても重要なことなのだと。
改めて実感しています。

はじめて話をする人。
ずっと仲の良い友人。
毎日電話をする恋人。
たまにしか話せない家族。
自分の話をする。
相手の話を聞く。

パリに来て、人と接することの重要さを痛感。

なにがあったわけでもないですが、ふと、思った夜でした。
le cadran solaire. 日時計。 
CIMG7308.jpg

パリに来てから、まだ美術館に行ってません。
いろいろ廻ろうと思っているのに。
こちらの美術館は、建物自体もアートです。

中世(旧クリュ二ー)博物館の外壁にある日時計。
外壁だけ見て帰ってきました(閉館時間間際だったので)。

Musee national du Moyen Age - Thermes et hotel de Cluny
6, place Paul Painleve 75005 Paris
TEL : 33 (0)1 53 73 78 00 (standard et serveur vocal)
33 (0)1 53 73 78 16 (accueil)
OPEN : 9h15~17h45(入場締切17h15)
CLOSE : 1/1・5/1・12/25
http://www.musee-moyenage.fr/index.html
le char d'assaut. 戦車。 
CIMG7449.jpg

道に迷ったときに、戦車がずらり並んだところを通りかかった。
おそらく工場。

まだ新しいのを作っているんだね…。
そんなにいるのかね。
je me suis egare en route. 道に迷ったの。 
CIMG7444.jpg

こんな、車しか通ってないようなとこをテケテケ歩いていたら。
道に迷ってしまいました。
駅まで30分強のところを2時間…。
地図さえあればなぁ。人さえいればなぁ。
le ratage. 失敗。 
CIMG7461.jpg

RERは切符のコントロール(乗車券のチェック)があります。(ないときもある)
チケットを持ってなかったり、買っていても駅で刻印していないと罰金です。
きちんと目的地までのチケットを持っていないといけないし、日本みたいに乗り越し清算とかはできません。

この日もコントロールがありました。
チケットを持っていなかったおじさんは乗務員の間をすり抜けて降車。
わたしもチケットを渡す。

…刻印がない。
なんで??ちゃんと機械通したのに。
レシートもあるよ、ちゃんと今日買ったよ。と、説明してもダメ。
お金ないから払えないだの、機械が壊れてんじゃないの?だの、さんざん抵抗しましたが惨敗。
「警察行こうか。」
と言われたのでしかたなく支払う。

なんでこういうとこだけきっちりしてんの~?
しかもものすごく威圧的(当たり前?)。
罰金制度を知っていただけに、悔しい。

ちなみに。刻印の無い場合は25€の罰金。
無賃乗車はいくらなんでしょう。

RER. 


パリにはメトロとバスのほかに、RER(エール・ウ・エール)という鉄道とトラムが走っています。
RERはパリ近郊Ile-de-France(イル・ド・フランス、パリも含むフランスの首都圏)の各方面に延びています。

写真は近くのRERの駅、JAVEL。
朝の7時半くらい。真ん中にエッフェル塔。

ここからRER:C6線に乗ってESSONNE(エソンヌ)に行ってきました。
l'autobus. バス。 
CIMG7366.jpg

パリではバスに乗るのもよし。景色も見える。
メトロと同じチケットで乗れるのも便利。
電光掲示板で何分後にバスが来るか表示されます(たいていウソですが)。
("62"はこのバス停にとまるバスの番号。)

昨日、バスで痴漢にあいました。
むかむか。
se promener sans but. あてもなく歩き回る。 


と、こんな路地がいっぱい。

パリ6区 odeon(オデオン)周辺。
CROIX ROUGE. 
パリのメトロは1900年のパリ万博にあわせて開通し、現在14号線まであります。

メトロ10号線に「croix rouge(赤十字)」という名前の駅がありました。
1939年、戦時中に営業削減で廃駅に。

その駅で1月15日まで展示会が開催されているようです。
観客はメトロに乗ったまま、駅に展示されている作品を見ます。
…見づらい。
ピンクに妖しく光った駅は異様でした。

メトロの駅名は地名や人名と様々。
それぞれに逸話があるので、メトロの本を片手にウロウロするのも面白そうです。

RATP(パリ交通営団)

http://www.ratp.fr/
un probleme s'est bien arrange. ひとつ解決。 
CIMG7417.jpg

歯医者に行った日の午後。
大家さんが電気屋さんを連れてやってきました。

問題はこれ。入居して間もなくのこと。
http://recitparis.blog96.fc2.com/blog-date-20071207.html
そしてこう。
http://recitparis.blog96.fc2.com/blog-date-20071208.html


そのあと、大家さんに手紙を書くのが億劫で、放ったらかしにしていた。
そしたら電話がかかってきて。
「もうEDF(電力会社)に電話したの?」
「とりあってもえらえなかったの。それに、電力じゃなくコンロの問題だと思うの。」
「いや、電力を6000wに上げたら解決するんだからアポイントとりなさい。」
…しかたなくEDFに出向いた。
で、電力をあげてもらうためのアポイントを取る(家に来てもらうのです)。

当日。24日のクリスマスイブ。
アポイントの時間を過ぎても来ない。
2時間以上(アポイントは12~14時)待ってるのに。
電話すると、
「家にいったのに中に入れなかった。インターホンのところに名前がなかった。」
わたしが住んでるフロアに入るには管理人を呼びださないといけない。
しかし彼女の休憩時間は3時間…。あぁ…。
ということで1月10日にアポイントの取り直し。

年が明けて今月3日。
1月分の家賃を支払いに大家さん宅へ。そしてまた、一生懸命説明。
そしたら後日電話がきて、この日になったのでした。

電気屋のおじちゃんがコンロをあけて調べてくれた。
大家さんとおじちゃんのやりとりの内容はよくわからなかったけど、壊れていたほうを新しいものに取り替えてくれた。
「水張って掃除しちゃダメだよ~。」とおじちゃん。だからそれはわたしではないの。前の子なの。
EDFのアポイントも大家さんが電話してくれた(キャンセル料に2€とられるんだって…)。


これで、問題がひとつ解決。
背が低いので手前のコンロが使えるのはありがたいことです。
さて。次の問題は…




la dentiste. 歯医者さん。 
行ってきました。

が、結果よろしくありませんでした。

どうしよう…

悩みがひとつ増えた。
au commencement de l'annee. 年のはじめに。  
なんでしょう。
今年は新年そうそう。
一年が思いやられる感じがしますが…。

風邪をひいて寝込んでいたのであります。
今日の午後、「うだうだしてはいられない。」と気合いを入れ直し、身支度をしていたのであります。
歯磨きついでにフロス(糸楊枝とでもいいますか)をしていたところ。
チャリーン。

…インレー(銀歯)がとれました。
お見事。
その部位はここ3ヶ月程、ブラッシング時に臭いがして気になってたところ。
でも渡仏前の検診でも問題ないと言われていたので安心しきっていたのに。
すぐ歯医者さんに電話して、明日予約をとりました(日本語が通じるところです)。

確かに。
以前から「パリの歯医者さんってどんなだろう?」とは思っていました(職業柄)が、まさか自分が治療で通うことになるとは。
せっかくなのでしっかり見学してきます。

風邪もいまひとつ。
それよりも、保険が効かないのがオソロシイであります…
le clavier. キーボード。 
CIMG7361.jpg

こんなの欲しい。

Avenue des Champs Elysees(シャンゼリゼ大通り)のTOYOTAショールームにて。
SHII TAKE. 椎茸。 
CIMG7363.jpg

フランスのスーパーで椎茸売ってるよ!
1kg14.35€って!?高い~。
こっちのキノコ(champignon de Paris:マッシュルーム)なんて、その10分の1くらいだよ!?
これ買えたら野菜炒めもおいしいのにぃ~。

"LENTIN"がいくら調べてもわかりません…。
"椎茸"ではでてきませんし。
イラスト付きの辞典にも載ってませんし。
おいしそうだなぁ。
salade de la chevre chaude. あったか山羊のサラダ? 
CIMG7337.jpg

おそらくチーズだろうとは思っていましたが。
フランス語のメニューは難しい…。
このあとしばらく、ヤギが口中を走り回っていたのであります。
le manege de chevaux de bois. メリーゴーラウンド。 
CIMG7349.jpg

二階建て。
comme le touriste. 観光客みたいに。 


今日のパリは寒かった…。
友人夫婦とともに街を散策。

NOTRE DAME(ノートルダム寺院)
MARAIS(マレ)
HOTEL DE VILLE(オテル・ド・ヴィル)
CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)
MUSEE DU LOUVRE(ルーブル美術館)
AVENUE DES CHAMPS ELYSEES(シャンゼリゼ大通り)
LA TOUR EIFFEL(エッフェル塔)

ほとんど中には入らず…
最後は夜景を見ながらの遊覧船にふたりを乗せて帰宅。
楽しんでくれてるといいなぁ。


HOTEL DE VILLEの裏に期間限定で出来てるスケートリンク。
子供たち楽しそう。
奥のメリーゴーランドはなんと無料!
乗りたかった~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。